碧南 腹パンパンになるランチ たぁぶる1号 鉄板ナポリタンの上にハンバーグがのったやつ

おはようございます😃

今日も雨です。

気温差が激しくて身体がついていきません。

昨日久しぶりにジーパン👖をはいていたら

夜になって足が〜動かない!歩けない!

冷えてしまったんですね!

若い頃はなんとも感じなかったのに

服装にファッションしか考えなかったけど

体を守ってくれるもの として洋服を思うようになりました。

さすが65才!うふふ〜

さて ホームページにはうちのメニューが載っていますが

どれも美味そうに写真に撮られていますが

実際どれも不味くないですよ!うまいよ!

今日は個人的なメニューへの想いを書きます。

鉄板ナポリタンの上にハンバーグがのったやつ 

というのたぁぶる1号です。

「のったやつ」というのは言い方が失礼かと思ったけど

ナポリタンの上にハンバーグをのせたじゃんね!っていう空気感です。

鉄板ナポリタン はもう憧れの食べ物です。

高校生の頃 今のエルメートさんが文化会館 図書館のところで

喫茶店を営業しておられた記憶があります。

入りたくてもかっこいい先輩がおられるから尚更入れない。

ガロの学生街の喫茶店 と被るような憧れの喫茶店でした。

一度 一度だけその喫茶店でスパゲティというもの、

ナポリタン というものを食べた記憶があります。

ナポリタン という言葉が憧れでしたね。

それともう一つは 赤い食べ物は元気にしてくれる

という私の思いがあります。

父が16年も脳梗塞の後遺症で介護がいる人で

母が6年間必死で父を介護し 支えていました。

その母をが支えるのが私の役目。

父を車椅子に乗せて母と共に3人で外食に行くのが

楽しみだったので よく高浜のリバーストーンへ連れていきました。

ちょうど通路が車椅子が入れる巾で

嫌な顔をされずにいれてくださって本当によく行きました。

そこで母はいつもナポリタンでした。

赤いものを食べると元気になるからねーって言いながら

美味しそうに食べていた顔が忘れられないです。

憧れの喫茶店 エルメートさんと

父と母との思い出のリバーストーンさん

たぁぶる1号の注文が入ると私は この2つのあの時 を思い出します。

ハンバーグ 餃子 コロッケ など挽き肉料理は

美味い❣️

挽き肉料理で喜んでいた時代だよー昭和30年代ー

美味いハンバーグを美ナポリタン上に乗っければもっと美味い😋

ハンバーグのソースはすこーしご飯が欲しくなるよねー

って感じでご飯をつけるから〜やっぱり腹パンパンになるわな!

赤いナポリタンの上に普通にうまいハンバーグが乗った

たぁぶる1号!

一番食べたい 一番作りたい

たぁぶる1号!

よろしくお願いします。

また書いていきます。

最後までお読みくださってありがとうございます😊

               たぁぶるmoyo