人気ベスト10の紹介編 レバニラ

ニラレバ

とり皮せんべいに続けて、私の食べられないもの。レバーの登場です。子供の頃からレバーは食べれず、野菜いため・豚キムチ ときたら、やはりレバーだよなーの予想通り、お客様から ”おかあちゃん レバニラ作ってよー!!” の一声・・・

頼まれたものは作らないわけにもいかず、おかげさまで野菜いためのタレで美味しいのを持っているので、炒め物には何も困らないのですが、感じがつかめないのです。ニラともやしのバランスはOK しかし・・・レバーレバーレバー!!!! あっ!! 片栗粉の表面をまぶして、強火で焼く。表面がカリッとして食べやすくなることを発見。いやいやGoogleで調べて簡単に作れる時代になったけど、居酒屋を開店した当時26年前の私には料理本で調べるしかなかったのですが、普通でレバー嫌いな私でも食べれるようなレバニラ・・・ を目指して 悪戦苦闘(笑)その片栗粉でまぶすにしても、もち豚の新鮮なレバーだとひと味もふた味も違うことを発見。肉屋さんにそのもち豚レバーの新鮮レバーのある曜日を目指して仕入れに行き、レバニラの先生になれる程、色々作ってみました。牛乳で洗うと良い とか色々やってみましたが、新鮮なもち豚レバーならその必要もなし。一口サイズに切ったレバーを片栗粉でまぶして少し多めの油の中でコロコロと転がすように炒めて、火が通ったころその油を離してもやしと炒める。調味料を入れて、なじんできたらニラをドサッと入れてまたザーと炒めてごま油をサッとかけて出来上がり。ザーとかサッとか擬音ばかりだけど、要するに急いで!!やる事ですね。手早く手早く、気の短い私にはピッタリのメニューです。イヤ 手早い を自慢しているのではありませんよ。うまい というかレバー嫌いな私が うまい!!と思って口の中に入れられる レバニラ です。

知る人ぞ知る たぁぶるのレバニラは、お持ち帰りメニューの中で人気 注文して下さるお客様は2人前・3人前 と家族での食事に買って下さるのです。ということは、その食卓のメインディッシュというわけですよねー(笑)作り手として幸せを感じます。店でお出しするのもテイクアウトで買われるお客様にも私の作ったものを召し上がって下さってありがとうございます~。の気持ちは毎日毎日感じています。ありがとうございます。