たぁぶる3号 角煮丼

たぁぶる3号は、角煮丼です。

たぁぶるのやきぶた チャーシューは”うまい”と言ってくださる方も多く、私はありがたいと思う反面、たくさん食べれない自分がいるんだけど・・・というのが本音で2切れ・3切れは食べれるけど、100g(8切れ)も食べれない。何故?が随分長い間の思いでした。

突然、”あっ砂糖が入っているからだ-”と気づいたのです。私は別にダイエットしているわけでもないし、体型を気にしているわけでもないけど、ただ 砂糖が入っているからたくさん食べれないんだ。とひらめいたのです。ちょっと調べたら、砂糖を使わない煮豚が出ていたのでさっそく試してみました。肉はバラ肉を使っているので、たこ糸で縛らなくていいし、旨味を封じ込めるには表面を少し焼くだけだから、簡単! 柔らかく煮るように、米の研ぎ汁・しょうが・ねぎをじっくり中まで熱を通してから、醤油・酒・みりんで煮るだけ。そんな煮方に変えてみて、一晩たった煮豚を食べたら、うまい‼うまい‼!うまい‼ 何枚でもパクパク食べれちゃう‼って感じの素朴さでうまい‼うまい‼うまい‼ でもひと味物足りない~。よしっ 切ってから表面を焼く。「炙り」ってやつですね。寿司屋さんがやっている炙りをする器具が無いので、フライパンで少し焼くだけですが、旨味がジュワーと出て煮豚がだんぜんうまい‼ そしてまた調べてみたら、煮豚だけど角煮に分類されるのかもしれない と思い、和食屋のメニューの角煮ほどとろける感じはないが、とにかく味わっていただきたい。

そんなわけでたぁぶる3号は、バージョンアップしたやきぶたがのった丼です。ご飯の上にレタス・炙った煮豚・のり・温玉・少しきざみねぎの丼です。まだ登場したばかりですが、ゆっくりじゅわじゅわとファンが増えていくと思います。