たぁぶる2号 キャベツ丼

キャベツ丼と聞くと、キャベツが炒めてあるのかどう調理したものなんだよ〜?と思うけど、ちょうど2号を出すのに悪戦苦闘している季節は春らんまんの季節。

新キャベツがうまい。新キャベツは、千切りするだけでどれだけでも食べれちゃう程うまい。いつも 主役をはれない 付け合わせになってしまうキャベツを表舞台に出すには・・・?
と、その前にー

 うちの長い間の人気メニューに串かつがあります。みそorソースとお客さんにきいているけど、断然“みそ”

大手メーカーのみそをかけているわけではないんですよ。私が、みそ 砂糖 みりん 水でじっくり煮込んでいるみそをダラーっとかけて「みそ串かつ」 

言わせていただければ、串かつそのものの味はともかく、かける「みそ」がうまい!! そしてひらめき、

とんかつを、みそとんかつにしてそれを新キャベツと一緒に食べる 最高❗️ キャベツの甘味、みその旨味! あえて言わせていただければ、私が作る みその旨味とキャベツのコラボ。かつがうまいのは当たり前。でもね、肉の厚みが大事だから、ロースかつの厚みの研究という名の食べ比べ(笑) 200g・160g・140g・120g・100gの5パターンのロースかつを食べ比べた結果、ご飯•みそかつ•キャベツのハーモニーが口の中でうまい❗️は160gがバッチリ! 薄くてもダメ、厚いのもくどくなってしまう。口の中に広がる 旨味 は微妙であり正直。食べるものを作らせてもらうのが、自分の生業である事に幸せを感じた瞬間です。さあそれで、ご飯•キャベツ•ロースかつは当たり前。なかなか主役がはれない新キャベツの千切りでお客さんの目の前に登場するのが たぁぶる2号 です。ひとつ馬鹿げた事を追加です。キャベツの千切りがたくさんいるから、前の日に大量に切っておいて、一晩水につけておくとパリパリになるから、パートのふぅちゃんにその作業をお願いしたら、キャベツと一緒に指先を5本ともすってしまって、2•3日ばんそうこうだらけの日々を過ごしていました(大笑) 5本の指のバンドエイドは何? と聞いたら、それがその理由。パートのふぅちゃんの名誉の負傷で幕開けした 主役キャベツくんが旨味を演じる たぁぶる2号 只今人気上昇中‼️