moyoのブログ エネルギーをあげる

たぁぶる(愛知県碧南市の居酒屋)おふくろの味、アットホームな居酒屋

おはようございます☀今日もまた朝のルーティンを終えて最高にいい気分でブログを書いています。

いい気分で を連発していますが今日も私のいい気分で暮らす をご披露します。

若い人が読むと はーっ!馬鹿みたい に思うかもしれませんが平気です。

毎日43歳のパートのお姉さんと長い時間一緒にいるので

これまでも13年も一緒にいるので これは通じないなぁ〜これは私の中だけのブームなんだ

って思うことがあるので まぁ時代が違う!ということで流してください。

あっ 43歳のパートさんのことですが 一応紹介しておきますね。

たぁぶるに13年居てくれている通称 ふぅちゃん です。

美人さんではないけどチャーミングな人です。

これから ふぅちゃん という固有名詞が出てきますのでよろしくお願いします。

彼女の話を少し〜

彼女はリーマンショックの時にご主人のボーナスが減ってしまうということで

パート先を探していて 子供がまだ8ヶ月の小さい僕がいたのでご主人が帰ってきてから

働けるということで たぁぶる に決めたそうです。

電話を受けたうちの夫は20代の若い子かと思って すぐ辞めるし若いからお客さんも喜ぶと思って

軽くオッケー👌を出した様子 しかしたぁぶるは私が牛耳っている会社だから

面接をしてから!ということとなり ふぅちゃんが面接に来ました。

えー🤨!20代じゃないじゃん 4人子持ちで、一番ちっちゃい子が8ヶ月?

いやだよー私は子供を産んだことないし おっぱいが張ってきたり体調のことわからんし

もし子供が病気になってお父さんではダメでお母さんが必要となったら

仕事が中途半端になってしまうし彼女も可哀想だし たぁぶるも困るじゃん!

ってことが私の頭によぎったので 大人の断り方で

もっとご主人と相談してきてください

と言ったにもかかわらず 一旦家には帰ったふぅちゃんは即またたぁぶるに来て

主人はいいっていいました!と自信満々!

ありゃーこの子と一緒に仕事をするんかぁ〜???

美人さんではないのでお客さんの反応が薄い おとなしいふりをしているから

どう教えていいかわからない 一生懸命はガンガン伝わってくるから

なんとかしなきゃ〜それがふぅちゃんとのはじまりなんです。

そして今 13年も居る!

今は給料も私と一緒!

よく間に合う!

特別美人さんでもないけどお客さんとよく笑っている!

仕事が早い!

一度教えればすぐ覚える!

なーんて褒めすぎ?

4月から挑戦し始めた ふるさと納税の返礼品のうちの味噌ぎょうざ はふぅちゃんが担当

私はぎょうざを作る人だけの役目

長い間頑張ってくれているふぅちゃんが将来自分のやりたいことやって

周りに喜ばれたらいいなぁーと私が勝手に思ってふぅちゃんに刺激を与えているのですが

おっとりしているふぅちゃんには 頑張らないと!と思われたらいやだなぁ

moyoさんの期待に応えないといけないから 頑張らないと!って思われたらいやだなぁ

と思って今ふぅちゃんにもエネルギーをあげる! 心地よく生きる!を教えているんだけどー。

教えてあげられそうでなかなか難しいところで毎日ふぅちゃんと暮らしています。

一緒にご飯を食べて 仕事して 怒って 泣いて 泣くのはふぅちゃんですが〜

何か心の底から 湧き出でくるものを感じ取って これがやりたーい

こうしたーい 私はこうことで周りに喜んでもらえる!が 言葉 になったら最高って思っています。

古い話で恐縮ですが 私も 私の作るものを食べてもらいたーい!って

心から思ったから 持っているもの全て手放して たぁぶるをやったからね〜。

えっ 持っているもの?手放したぁー?

夫ではないよ 今も私のそばにいてくれてるからね。

私の手放したものは グランドピアノ 桐のタンス その中の高価な着物

ほんとに下着とジーパンとシャツだけになってスタートしたたぁぶるなんです。

ふぅちゃんに何もかも捨てろ!と言っているのではなく

本当!を見つけると覚悟ができて軽やかになる!ってことが言いたいんだけどね。

私がたぁぶるを作ったのは40歳だっだから

本当 が欲しくなる年だよね〜!

あぁ今日はふぅちゃんのことで終わってしまいました。

また明日 書きます。

最後まで読んでくださってありがとうございます😊